資産運用の魅力

経済に関心を持つことが人生を豊かに

資産運用の魅力は二つあります。一つは終生にわたる収入を確保できることです。多くの方は会社員や公務員などの仕事に就いていますが、個人事業主でない限りは60歳を過ぎると大幅に収入がダウンします。かつては多額の退職金や十分な年金で生活が支えられましたが、年金の給付水準は年々低下しています。企業年金についてもiDeCoや日本版401kなど、個人の責任で運用する形に変わってきています。
資産運用を行うことは将来の収入を底上げするもので、長年にわたって運用を続ければ利益をあげる技術も上達してきます。特に若いうちから興味を持っておくと、経済に詳しくなることで日々の仕事にもプラスになり、長い時間を利用することで運用のトータルリターンも大きく向上します。人生を豊かにするものと言えるでしょう。

ポートフォリオの一部に投資信託を

資産運用の目的は安定した収益をあげることであり、それが最大の魅力でもあります。そのため、株式など一つのものに投資資金を投入するのではなく、株式、コモディティ、不動産、投資信託など様々な種類の金融商品に投資を行うべきです。
ある程度の資産がある場合、投資信託についてはファンドラップを利用すると良いでしょう。投資信託の魅力は海外の株式など、個人で投資を行うのが難しいジャンルに投資ができることですが、情報量の少なさがハンデになるでしょう。ファンドラップは証券会社のファンドマネージャーがあなたに代わって運用を行います。プロでしか知り得ない情報、テクニックを享受することで安定した利益に繋げることができるでしょう。できるだけ早く始めるほど、資産運用はは有利になります。